株式会社 高山プレス製作所

順送金型設計・製作からプレス加工・二次加工まで、自動車用・電機用の精密プレス部品を一貫生産

 

営業品目

■精密プレス金型、及び治工具の設計・製作
■順送プレス加工(~160t)
■単発プレス加工(~60t)
■マルチフォーミング加工
■二次加工(溶接・カシメ等)

 

品質マネジメントシステムISO9001:2008認証 環境マネジメントシステムISO14001:2004認証

品質マネジメントシステム
ISO9001:2008 認証
環境マネジメントシステム
ISO14001:2004 認証

品質方針 詳しくはこちら

環境方針 詳しくはこちら

 

HOME»  会社紹介

会社紹介

紹介

高山プレス製作所  

当社は1961年の創立以来、自動車、電機業界を中心としたお客様のニーズに応えるため、業界に先駆けてCAD/CAM、NC工作機械、精密プレス機など最新鋭設備を導入する一方、創造的な技術・技能・知恵を有する高度な人材教育に力を入れ、高品質パーツのサプライヤーであり続けることを目指して参りました。
現在では、精密プレス金型の設計・製作からプレス加工、組立、企業ネットワークによる後処理までの一貫生産体制を整え、多くのお客様からご愛顧をいただいております。お客様のニーズは時代の変遷とともに常に変化しています。現代社会がグローバル化すればするほど、高度情報化すればするほど、ますます私たちが得意とする高精度、高難易度の「モノづくり」の必要性が高まって参ります。
私たちは「技術で創る 小さな部品 大きな未来」を社是に掲げ、常に時代のニーズに応えられる技術を追求する創造的な企業であることを志し、新しい世紀に相応しい「モノづくり」に挑戦し続けて参ります。


株式会社高山プレス製作所
代表取締役 高山 哲郎

 

概要

社名 株式会社高山プレス製作所
所在地 福岡県古賀市薬王寺字原口1736番地 (九州自動車道古賀ICより5分)
TEL 092-946-3136
FAX 092-946-3812
MAIL info@takayama-press.co.jp
URL http://www.takayama-press.co.jp
設立 1961(昭和36)年2月1日
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役 高山哲郎
株主 高山哲郎・高山静子・㈱正興電機製作所 他
売上高 年商16億円(2014年/1月期)
従業員数 78名
営業種目 プレス用金型、及び治工具の設計・製作
順送プレス加工(~160t)、単発プレス加工(~ 80t)
二次加工(溶接・カシメ等)
自動機、省力機の設計・製作
取引銀行 福岡銀行古賀支店・日本政策金融公庫福岡支店
所属団体 (社)日本金属プレス工業協会
福岡県金型研究会、㈳福岡県中小企業経営者協会

 

沿革

1946年 福岡市博多区堅粕にて創業・ (株)正興電機製作所の電機部品の生産開始
1961年 (株)正興電機製作所古賀工場の竣工に伴い、粕屋郡古賀町花見に移転・法人化
  高山哲 代表取締役就任 (資本金100万円)
1969年 ホンダ関連の自動車部品の生産開始
1970年 本格的順送金型の製作開始
1974年 資本金1,000万円に増資
1976年 高山協 代表取締役就任
1977年 現在地に工場全面移転・日産関連の自動車部品の生産開始
1980年 資本金2,000万円に増資
1981年 NC加工による金型の製作開始
1985年 CAD/CAMシステムによる金型の製作開始
1989年 順送プレス専用工場を増設・高速精密プレスの導入
1990年 業務提携により宮崎県にて生産開始 (有限会社芝田スプリング製作所)
1991年 高山静子 代表取締役就任
1995年 金型内カシメ等の複合金型の製作開始
1999年 高山哲郎 代表取締役就任
2001年 CNCフリーモーションプレスの導入
2002年 JIS Q9001:2000   審査登録 (JMAQA-1471)
2005年 JIS Q14001:2004 審査登録 (JMAQA-E606)
2006年 九州経済産業局 戦略的基盤技術高度化支援事業認定
   「金型の知能化による金属プレス加工の不良レス化」

 

 

組織体制